スポンサードリンク

空気清浄機 タバコ



空気清浄機の購入目的は、部屋の空気を清潔にするためです。インフルエンザ対策や花粉症対策のために空気清浄機を購入する方も増えています。花粉やアレル物質の除去のために空気清浄機を買い求めるなら、高性能の除菌フィルタが搭載されている空気清浄機を選ぶのが良いでしょう。また、タバコの煙やニオイをとることを目的に空気清浄機を購入する方もいます。タバコを吸わない人にとって、タバコの煙やニオイは生活の中での不快感を感じる原因になります。

タバコのための空気清浄機なら、0.3マイクロメートル以上の粒子を吸い込む方式(HEPAフィルタ)が必要です。ちなみにタバコの煙は、0.3マイクロメートル、カビの胞子は1マイクロメートルとなっています。空気清浄機でタバコの煙やニオイをシャットアウトするには、脱臭フィルタが搭載されているものが必要でしょう。

たとえば象印の空気清浄機は、1万円以内の価格で、脱臭フィルタが内
蔵されています。場所をとらないコンパクトでしかも強力脱臭の空気清浄機なら、パナソニックの空気清浄機が1万5千円ほどで発売されています。家族の中でタバコを吸う人がいれば、その人の近くにこうした空気清浄機を置いておくと効果的です。こうした空気清浄機のフィルタは、10年間耐久性があり、一年に一度水洗いするものが一般的となってきました。タバコのニオイや煙を脱臭する場合のフィルタは、花粉やカビなどに比べて、ヤニが付いたりするので、洗う必要が出てきます。

東芝の空気清浄機パールホワイトは、2、3万円で、加湿機能も備え、脱臭効果もすぐれています。最近の空気清浄機は、すばらしい進歩をしています。一台の加湿空気清浄機が、除菌・脱臭・加湿だけでなく美容や健康にも良い多くの機能を果たすようになっています。何を重視するかを考えて、空気清浄機を選びましょうね。




posted by 家電案内 at 20:20 | 空気清浄機
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。