スポンサードリンク

ダイソン ルート 6



車の中や、机の上などちょっとした所の掃除には、気がついた時にサッと使えるハンディクリーナーが便利です。ハンディクリーナーというと、普通の掃除機があって、2台目の掃除機として購入される方が多いのではないでしょうか。ダイソンの掃除機にも「ダイソン ルート6」というシリーズのハンディクリーナーがあることをご存知ですか?ダイソンといえば、独自のルートサイクロンテクノロジーで、吸引力が落ちないことを謳っているイギリスの掃除機メーカーですが、もちろん、「ダイソン ルート6」でもその吸引力は健在です。

この「ダイソン ルート6」は、これまでのハンディークリーナーとは、見た目も仕様も違います。まず、何が違うのかといいますと外見です。これまでのハンディークリーナーは、軽くてコンパクトで持ち運びが便利、というのが主流でしたが、この「ダイソン ルート6」は、一見ハンディークリーナーということが解らないほどの重厚なボディです。メタリックな色使いと、いかにもイギリス生まれの大きな本体は、まるで工具のようです。

しかもハンディーにしては重いんです。バッテリーとノズルを付けると重量が約1.5kgになりますが、付属品を込みにすると、だいたい2kg〜2.5kgになるんです。持ち運ぶにはけっこうズッシリと重い、というのが正直なところです。加えて音が大きい。これは、サイクロン方式の掃除機なら普通のことだと言われますが、国産の普通の掃除機くらいの音がしますので、集合住宅で夜中に使うのは控えたほうが良いでしょう。ただ、吸引力に関して言えば「ダイソン ルート6」は、普段使っているフロア用の掃除機と変わらない吸引力を誇ります。吸い取ったゴミが目に見える構造も、掃除をしてキレイになっているということが実感できるので、気分が良いです。また他に売り出されているダイソンの掃除機同様、排気がきれいです。グリップの上から勢いよく排出される空気は、いやな臭いがなくクリーンです。

「ダイソン ルート6」は、重さや音に課題が残るとしても、掃除機としての働きを見れば、それは問題にならないほどの機能は持ち合わせているハンディークリーナーです。もし、ハンディタイプの掃除機をお探しなら、是非「ダイソン ルート6」もご検討下さいね。一人暮らしの方などは、このハンディークリーナーだけで十分お掃除ができるのではと思います。




posted by 家電案内 at 22:19 | ダイソン

スポンサードリンク

ダイソン クリーナー



米国内で50%以上のシェアを持つダイソンのクリーナーは、工業デザイナーとして有名なジェームズ・ダイソンが創業したダイソン・リミテッドという会社から発売されています。これまでになかった画期的なダイソンのクリーナーは、現在、世界中の多くの家庭で愛用されています。ダイソンのクリーナーは、吸引力の変わらないただひとつの掃除機として有名です。そして、それは本当のお話です。

ダイソンのクリーナーの吸引力は、ずっと変わりません。では、なぜ変わらないのでしょうか?それは、ダイソンのクリーナーがサイクロン方式を採用していることにあります。どういう事かといいますと、まず、外側のサイクロンが大き目のゴミをはじき出します。次に網目状のフィルターが綿ボコリや、髪の毛などのゴミを取り除きます。そして、20万Gもの遠心力が人間に有害で微細なホコリを、クリアビンというクリーナーが吸ったゴミやホコリをためる所に留めます。紙パックやフィルターに頼らないことで、吸引力が悪くなっていくことがないクリーナーを実現させたのです。

また、ダイソンのクリーナーは排気がきれいであることで有名です。これまでのクリーナーですと、ホコリと空気を分けることができないので、フィルターや紙パックの目が詰まることで、汚れた空気がお部屋にそのまま戻されていました。それで、掃除機独特のイヤな臭いを放っていたのです。ダイソンクリーナーのルートサイクロンの技術は、微細なホコリまでも空気から分離するために、フィルターは目詰まりすることなく、さらには、クリーナーから出てくる排気は吸った空気より150倍きれいなのだそうです。だから、排気が匂わないんですね。

さらには、じゃまなホースやパイプもなくなったので、持ち運びも収納も簡単で便利です。ダイソンのクリーナーは、パイプとホースを巻き付けることで、小さく収納しやすい形にすることができます。フィルターはタバコの煙より小さな粒子も取り、半年に1度水洗いをするだけでOKです。買い換えや交換も不要ということは、エコにも繋がっていますよね。


posted by 家電案内 at 22:20 | ダイソン

スポンサードリンク

ダイソン ハンディー



ダイソンの掃除機はダイソン・リミテッドという会社から発売され、「吸引力の変わらない、ただ1つの掃除機」というキャッチフレーズでおなじみです。イギリス国内で53%のシェアを持ち、欧州を中心に世界37ヶ国で販売されています。紙パック方式から進化した掃除機の代表格といえば、サイクロン方式を前面に押し出して、今やその代名詞とも言われるようになったダイソンの掃除機でしょう。

サイクロン方式独自の大きな音をさせながら、しっかりとゴミやホコリを吸い込んでいく様は、掃除をしていて非常に気持ちがいいものです。さらには、掃除機から出てくる排気は、吸い込むときの空気よりも100倍以上キレイだと言われていますし、買い変えるなら、是非、ダイソンの掃除機にしたいものですね。ただ、一人暮らしの方や、仕事で忙しくてあまり家にいないような方などは、ダイソンの掃除機はもったいないとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方に使っていただきたいのが、ダイソンのハンディータイプの掃除機です。

ダイソンのハンディーは、2006年に発売されました。価格は約3万円。やはりちょっと値段の高さは感じますが、それにあまりある機能は一度使ってみる価値ありです。このダイソンのハンディーは、吸込仕事率が40Wのサイクロン式ハンディクリーナーなのですが、これは、ハンディークリーナーの吸引力としては最大級なのだそうです。そして、それに合わせる様に外観も最大級で、既存のハンディーとは見た目がまったく違い、とにかく大きいです。

ダイソンの掃除機のメタリックな色使いがそのままハンディーに採用されているためか独特の存在感があって、パッと見た感じは、まるで工具のハンドドリルのようです。でも、重量が1.5kgなので、これなら十分持ち上げて掃除をすることが出来ますね。隙間ノズルと、コンビネーションノズルの2本が、ダイソンのハンディーに付属としてついていますので、場所や用途に合わせて付け替えて掃除をすることが出来ます。アレルギーで悩んでいる方には、アレルゲンの除去としてぜひお勧めしたいですね。


posted by 家電案内 at 13:29 | ダイソン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。