スポンサードリンク

4795 ipod 80 gb 80 ギガ



あなたが、今、何かを調べようとしたらどうしますか?こうしてネットを使っている人なら、もちろんインターネットで検索しますよね。インターネット上では、本当に様々な情報を検索することができます。その中で、iPodに関する言葉で何がどれだけ検索されているのかをランキング形式で表示しているサイトがあります。そのサイトの中で月間の検索回数が4795回というのが、ipod 80gb80ギガという言葉でした。

月間で4795回もipod 80gb80ギガという言葉が検索されているのは驚きですよね。4795回検索されているというipod 80gb80ギガには、実にいろいろな種類があります。種類が多ければ多いほど、どの種類がいいのかと迷っている人もいるわけです。そんな人たちがipod 80gb80ギガを検索しているので、4795回も検索するという結果になったのではないでしょうか。
あなたも、もしipod 80gb80ギガについて知りたいと思ったらインターネットで検索しませんか?その一人ひとりの知りたいが、4795回という数字につながったんでしょうね。 しかし、もっと上手があるのです。iPod関連の言葉で検索数が4795回のipod 80gb80ギガでも多いと思っている人もいるでしょう。が、実際にはこのランキングで検索数が多いのは、月間検索数739261回というやはりiPodでした。

この数字に比べると4795回のipod 80gb80ギガは、少なく感じてしまうかもしれませんね。ちなみに4795回のipod 80gb80ギガは、ランキングでは28位という結果になっていました。月間に4795回も検索されたipod 80gb80ギガ。あなたも、どんなものなのか知りたくなっていませんか。




posted by 家電案内 at 22:47 | ipod

スポンサードリンク

ipod touch



ipod touchとは、アップルが販売したタッチスクリーンが搭載されているタイプのipodです。ipod touchは目で見ながら、指先で触って音楽を実感できるというのが魅力だと感じている人が多いようです。内蔵スピーカーを使えば、ヘッドフォンを使わずに曲や音声を聞くことができ、BGMとしても利用できます。

ipod touchに入れた曲は車に接続をして聞くことも可能です。ipod touchではビデオもついていますからミュージックビデオはもちろんのこと、自分で作った動画も取り込んでみることもでき、使い方の幅が広がるのではないでしょうか。音楽なら36時間、ビデオなら6時間の連続再生ができるので、YouTubeで話題のビデオをチェックして、外出先で楽しむにもバッチリです。

ipod touchには、地図がついていて現在地を確認することもでき、方向音痴の人には嬉しい機能です。添付ファイルを含むHTMメールの送受信や、スケジュールの管理などもできるので仕事でよく外出をしている人にとってはとても便利です。Wi-Fi機能でインターネットを楽しんだり、さらにはワイヤレスネットワークを自動的に探して、インターネットに接続したりします。App Storeの豊富に揃ったゲームからダウンロードして、ゲームを楽しむこともできます。

iPod touchは、光沢のあるステンレススチールをゆるやかにカーブさせたデザインで、おどろくほどの薄さが手のひらにしっくりなじみます高さ110 mm 、幅 61.8 mm 、奥行き 8.5 mm 、重量 115 g で、3.5インチ (対角) ワイドスクリーン 、8GB 16GB 32GB の中から選べます。ipod touchは、他にもあとから追加可能なアプリケーションがあるので、気に行ったものをアップルの公式サイトやアップルストアからダウンロードできます。


posted by 家電案内 at 23:27 | ipod

スポンサードリンク

ipod shuffle



aipod shuffleは、アップルが販売しているiPodのシリーズで、デジタルオーディオプレイヤーの一つです。ipod shuffleの発売は2005年です。フラッシュメモリを搭載している初めてのiPodとして、USBメモリと同じような使い方で利用できるとあって販売後かなり人気を集めました。

ipod shuffleという名前は、自分が入れた曲のライブラリの中からランダムに選んだ曲をおくるという機能からきています。転送した曲をシャッフルして聞けるという意味合いから、ipod shuffleという名前がついているようです。第二世代のipod shuffleは、第一世代のipod shuffleの色がホワイトだけだったのに対して、カラフルな色での販売になっていました。最初に販売されていたものよりも価格が安くていずれも、1万円以内で購入できるようになりました。

現在は、第3世代となるshuffleが発売されています。第2世代の横長のデザインから一新し、本体からシャッフル兼用の電源スイッチ以外の操作部を廃した縦長のデザインとなっています。内蔵メモリも従来の1GBから4GBまで拡張され、ボディカラーはシルバーとブラックの2色。世界最小のミュージックプレーヤーというように、操作ボタンを廃し、ほぼすべての再生操作を専用イヤフォンに備えたリモコンで行ないます。新機能VoiceOver2が、曲のタイトルやアーティスト名、プレイリスト名をナビゲートしてくれます。

また、アップルの環境保護への取り組みが、iPod shuffleにも生きています。BFR(臭素化難燃剤)・PVC(ポリ塩化ビニル)の不使用やリサイクル効率の高いアルミニウム筐体、小型化されたパッケージ(40%小型化、33%軽量化) など。これまでのわずか半分のサイズでも、中身は余裕たっぷりで、最大1,000曲の楽曲を気分に合わせて手軽に楽しむことができます。


posted by 家電案内 at 12:29 | ipod
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。