スポンサードリンク

外付HD 選び方



パソコンの容量を増やしたり、バックアップを取るには、HD(ハードディスク)を増設する方法があります。HD・HDDの増設には、外付けHDを使うことが簡単で便利です。

外付けHDには、二つのタイプがあります。一つは、データ保護を主に考えて作られた据え置き型のものです。据え置き型HDは、重さが3キロから4キロもありますが、1.0TBから6.0TBまで大変容量が大きくなります。USBケーブルを繋ぐだけで利用でき、簡単に使う事ができます。もう一つは、持ち運び便利なポータブル外付けHDがあります。据え置き型に比べ、ポータブルの外付けHDは、重さも1キロほどと、持ち運びやすくなっています。しかしその分、容量は120GBから500GBまでと少なくなっています。

外出先での使用や、文章、画像、音楽ファイル、動画など使い道を考慮して、外付けHDを選ぶことが大切です。また使用するパソコンに、外付けHDの接続方法が対応しているかの確認も重要です。情報化時代である現代は、テレビ、DVD、デジタルムービーカメラで撮影した画像など保存しておきたいものが増えています。すべてをHDの中に入れて残しておくには、外付けHDはきるだけ容量の大きなものがベストになります。

家電販売店でパソコンの周辺機器を購入するよりも、周辺機器のホームページからネット販売で購入する方が安く購入できます。けれど、まずは実際に店頭で大きさや重さなどを見て、多くの製品の中から自分のパソコンに合った外付けHDを探してみましょう。外付けHDの選び方のポイントは、ACアダプタのいらないもの、できるだけ容量の多いもの、データを守るRAIDシステムのもの、ファンがついていることなどになります。




posted by 家電案内 at 13:27 | ノートパソコン

スポンサードリンク

無線LAN ポイント



ノートパソコンの人気が高まっている理由に、どこでもインターネットを利用できるということがあります。家庭だけでなく、最近は外出先でも公衆無線LANサービスにより、インターネットを繋ぐことに苦労をすることはなくなっています。

ノートパソコンでインターネットを使用するには、モデムとパソコンの間を有線か無線で繋ぐ必要があります。ADSLや光ファイバーを利用する場合には、LANケーブルが必要となりますが、ケーブルを使用しないものが無線LANです。無線LANを使うと、ケーブルがないため無線の電波が届く範囲であれば、自由にインターネットを使うことができます。家庭のリビングに無線LANがあれば、部屋を変えても電波が届く範囲ならノートパソコンを移動してインターネットができることになります。無線LAN内蔵のパソコンでない場合は、USBタイプやカードタイプなどの子機が必要となります。

どこでもインターネットを使用するためには、パソコンの無線端末である無線LANを相互接続するためのアクセスポイントが必要になります。無線LANのポイント、つまり無線LANアクセスポイントにはノートパソコンからデータを転送する時にその中継として使用するブリッジタイプと、ルーティング機能を持ったルータタイプの2種類があります。ブリッジタイプの無線LANアクセスポイントは、すでに有線で設置してあるLAN内に無線LANを接続します。ルータタイプの無線LANアクセスポイントは、インターネットとプライベートネットワークなどの違うネットワークの中継に使用されます。

無線LANのアクセスポイントの有名な会社にBUFFALOがありますBUFFALOでは、初心者の無線LANユーザーにも簡単に使えるように、解説付きのセットアップ用DVDが付属した無線LANアクセスポイントを発売しています。インターネットのプロバイダーの中には、期間限定でプロバイダー加入者に、無線LANアクセスポイントを無料で提供するところもあります。無線LANは、病院、学校の他、多くの企業に普及しています。しかしセキュリティーの面では、まだまだ問題点も残っています。公衆無線LANサービスを利用する際には、IEEE 802.1x認証が利用できるところで、ファイアウォールを有効して利用することが勧められます。


posted by 家電案内 at 15:28 | ノートパソコン

スポンサードリンク

東芝 ノート パソコン



東芝ノートパソコンは、2006年、2007年、2008年とNo.1シェアを獲得しています。東芝ノートパソコンには、dynabook(ダイナブック)というブランド名称のノートパソコンのシリーズがあります。ダイナブックは、1989年に発売されたJ-3100SSから始まります。

オールインワンノートdynabookシリーズは、白、黒、ピンクとカラーバリエーションを揃えています。東芝ノートパソコンは、「エコ」を考えたパソコンです。特にdynabook NXは、CO2の排気量を90%削減した画期的なノートパソコンです。プレミアムコンパクトという名前が付けられたほど、東芝のノートパソコンは軽くて高性能で、しかもスタイリッシュです。

ノートパソコンは今や、高性能だけでなく、携帯電話を選ぶのと同じように、カラーやスタイルで選ぶ時代となりました。ノートパソコンは使うものであると同時に、持ち歩くものでもあります。そういう意味では、東芝ノートパソコンは現代のスタイルにぴったりマッチしていると言えます。エレガントなボディーに環境調和機能を兼ね備えた東芝ノートパソコンは、今や若者に大変人気があります。

東芝ノートパソコンには、daynabookの他NB100シリーズもあります。このNB100シリーズは、インテルのATOMプロセッサーを搭載した、快適に持ち歩くことができるネットブックパソコンです。新たに発売されたAVノートQosmioは、HD DVD-RWドライブと高色純度・高輝度Clear SuperView液晶を搭載し、高精細なHD映像を楽しむことができます。東芝ノートPCサポート・サービスは、何度でも無料で電話、メール、遠隔支援などさまざまなサポートが充実しています。


posted by 家電案内 at 22:29 | ノートパソコン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。